Shopping Cart
Your Cart is Empty
Quantity:
Subtotal
Taxes
Shipping
Total
There was an error with PayPalClick here to try again
CelebrateThank you for your business!You should be receiving an order confirmation from Paypal shortly.Exit Shopping Cart

Blog

view:  full / summary

We are missing MGM!

Posted on May 2, 2022 at 11:15 AM Comments comments (34)

教室の北海道北見市での開校以来用いてきた、イギリスの英語学習雑誌Mary Glasgow Magazinesの最終号がとうとう届いてしまいました。

同誌が終刊になるという知らせが届いたのは、2022年になったばかりの1月。1957年の創刊以来65年以上にわたって発行してきたメアリー・グラスゴー・マガジンズ。コロナ禍とイギリスのEU脱退などの影響でイギリスのSCHOLASTIC UK社は同誌を終刊にせざるをえない得ない決断に至ったとのことです。

北見での新しい英語教室の開校にともなって、中高生向けの教材を探していた時にいわば「一目惚れ」した教材でした。定期購読の雑誌形式で、インターネットとのタイアップ、自分で意見を投稿できてそれが同誌のウェブサイトに掲載されたりする、世界中の読者と交流を持てる、アメリカ英語の教育が主流の日本の英語教育界隈で、コッテコテのイギリス英語を紙でも映像でも音声でも学べる唯一無二の教材でした。私自身も本当に勉強になりましたし、生徒たちにも評判でした。デザイン性にも優れていて、額に入れて部屋に飾ってインテリアに活用する生徒さんもいたほどです。

教室の年に1回の「英語スキット&リーディングコンテスト」ではこの教材をもとにスキットを作って披露することもしばしばでした。それがイギリスのSCHOLASTIC UK本社の同誌編集部の耳に入り、記念品をいただいたことなどもあってイギリス本社編集部との繋がりも持てたのは良い思い出です。

コロナ禍やEU脱退の影響がこんなところにまで及んでいたとは知りませんでした。目まぐるしく変化する社会の変化が、また一つ優れた教材を消滅させる結果になるのは本当に残念です。いつの日か、再開してくれることを願っています!

I'm terribly sorry...

Posted on April 10, 2022 at 9:50 AM Comments comments (76)

スクール長のTAKAです。実は・・・3月中旬から下旬にかけて、10日間北見赤十字病院に入院しておりました。S状結腸憩室炎で救急搬送され、そのまま緊急入院。お腹の激痛と高熱に数日苦しんでおりましたが、北見赤十字病院の消化器内科や外科の先生たち、看護師さんたちの迅速かつ真摯で親切な対応で無事回復して退院でき、今では仕事に復帰しております。生徒さんの皆様には急なレッスンのキャンセルで大変ご迷惑をおかけしました。昨年の特定健診でメタボだと言われ、それからダイエットに励み、おまけに今回の入院で絶食が5日続き、1年前からなんと20キロも痩せました。私も今年で45歳。立派なおっさんです。無理をせず、自分のペースでイングリッシュ・フェス英語スクールのレッスンを提供してゆきたいと思います。先週から本格的にレッスンを再開しております。もう大丈夫です。また生徒の皆様にお会いできるのを楽しみにしております!

You can take Eiken here!

Posted on April 10, 2022 at 9:45 AM Comments comments (0)

Hello, everyone! 三寒四温とはよく言ったものです。この時期は体調を崩しやすいので、お気をつけくださいね��

さて、当教室では、教室の生徒さん以外でも英検の受験が可能な受け入れ団体として正式に登録されております。

本会場よりも安く受験できます!ぜひお問い合わせください。詳しくは英検のウェブサイト https://eiken-ukeire.jp/list?area=1 よりご確認ください!

ちなみに「三寒四温」って英語でなんて言うんでしょうね。直訳すると、cold for three days and then warm for four days. と言ったところでしょうか。でもこれでは味気ないですね。

私スクール長TAKAのサンプルは、The temperature changes drastically before spring comes. 「春が来る前に気温が劇的に変化する。」と言ったところかな」?かなりパラフレーズしてしまいましたが・・・

ANAのカレンダーに!

Posted on December 26, 2019 at 3:09 AM Comments comments (80)
『選ばれてしまった!』


実は、ANA(全日空)の来年のオフィシャルカレンダー“Welcome Aboard 2020”に、わたしの撮った写真が採用されました。採用が決まったのは7月30日。それ以来、「本当だろうか?」と頭の片隅で疑いが残りつつもカレンダーの完成を楽しみにしていました。

完成したカレンダーの実物に初対面したのは、11/23。ハワイでの休暇の帰りの新千歳空港で、とあるお店で既に販売されていた実物を目にした時です。北見の自宅に帰ってから間もなく、宅急便で自分で買ったものも届きました。調子に乗って、5つも買ってしまいました‼️

わたしの写真は8月のページです。2016年の8月にロンドンで撮影したもの。ロンドンにしては珍しく雲ひとつない青空で、強い西陽がビッグベンと地下鉄のサインを映し出しています。自分としても本当にお気に入りのショットでしたが、こんな形で広く多くの人に見られることになるとは本当に光栄です。

手前味噌で申し訳ないのですが、ANAのショッピングサイトAstyleでお買い求めいただけますので、是非!→ https://www.astyle.jp/disp/CSfGoodsPage_001.jsp…
今回の写真採用に関する詳細は、ANAのホームページからご覧いただけます。→ https://www.ana.co.jp/…/welcome_aboard2020/photo_result.html

教室にも飾ってあります!ぜひ見に来てください!


小澤征爾さんのインタビュー

Posted on October 28, 2018 at 3:39 AM Comments comments (98)
日本テレビNews Zeroで放送された、有働由美子×小澤征爾 スペシャル対談、しびれました。

私TAKAが7歳の頃からのファンの小澤征爾さん。
小澤さんの指揮する、サイトウ・キネン・オーケストラのブラームス交響曲第1番のリハーサル風景。小学2年の時にテレビで見たのですが、今でも強烈に脳裏に焼き付いています。これまで小澤さんの指揮する演奏会には何度も行かせていただき、そのたびに腰を抜かして帰ってきました。

83歳になられるんですね。

若い人へのメッセージ→「地球儀で見ると、日本なら赤くてこんなに小さいじゃない。 地球人にならなきゃダメ!… そういうこと、どんどんやるべき!…『個』を大切に。おたがいに」


ホントにそう!

塾で来る日も来る日も夜遅くまで、机に向かって勉強、そしてテスト…それも悪くないけど、

特に十代の大事な時期には知識をどんどん詰め込むだけじゃなくて、

もっとやるべきこと、

吸収すべきことあるんじゃないなぁ。

いよいよ出国→オランダ到着!

Posted on August 20, 2018 at 8:21 AM Comments comments (99)
【TAKAと行く イギリス&オランダ語学研修ツアー】
8月2日、いよいよ出国です‼️快晴の成田空港。
まずは、経由地の韓国・仁川へ 2時間半の空の旅✈︎
子どもたち、なぜか Just a moment, please!の練習して盛り上がってます(笑)
そんなに何を待ってもらいたいのか?









                     日本脱出を前に、少々緊張の(?)生徒たち

まずは経由地の韓国・ソウルへ向かいます。ここは昨年12月にオープンしたばかりの仁川国際空港の第2ターミナルです。
アムステルダム行きの搭乗までの間、自由行動。
外国でのショッピングも楽しんでいます。
「ポカリ、1200円もした‼️」って、1200ウォンのことですよ(笑)。

まだ新築のにおいがする、仁川国際空港の第2ターミナル。きれいです。


韓国・仁川国際空港から11時間近くの長旅の末、とうとうオランダはアムステルダムに到着しました‼️
大韓航空の機内食は、我々大人には美味しいんですが、子どもたちにはイマイチ不評
それぞれ思い思いに長時間のフライトを楽しみ、恐怖の入国審査。今回は一人ひとり審査を受けます。入国審査場、驚くほど空いていて、心の準備をするまもなく自分の番。あれっ⁉️何にも聞かれずに無事通過しちゃいました。ホット一安心。
アムステルダム・スキポール空港内のスーパーマーケットで明日の朝食を調達して、ホテルにチェックイン。オランダらしいオシャレなホテルに女子は大興奮‼️壁にオランダ出身のゴッホの肖像画が飾ってあります。












大韓航空の機内食。ビビンバが出るかと思えば、アムステルダム便は「スパイシーたこライス」本当に辛かった!











オランダ・アムステルダム・スキポール国際空港に無事到着!空港内のスーパーマーケットで朝食を調達します!
この時期、オランダは夜10時ぐらいまで日が沈みません。眠いのに外が明るい!変な感じです。

イギリス&オランダ語学研修ツアー いよいよ出発!

Posted on August 1, 2018 at 9:50 AM Comments comments (76)
本日、2018年8月1日(水)、TAKAといく イギリス&オランダ語学研修ツアーがいよいよ始まりました。
小学校6年~中学2年の生徒4人と社会人の生徒さん1人、そしてわたくしTAKAの6人が元気に女満別空港を出発しました。
「いまが一番緊張する~!」と東京へ向かう飛行機に乗る直前に言う子、固い決意をもってキリッとした表情の子など、こんな貴重な機会を与えてくれたお父さんやお母さんの期待に応えようとしているのか、それぞれの思いをもって飛行機に乗り込んでゆきます。
こさて、このところの猛暑は女満別も一緒。でも最初の経由地である東京の暑さは明らかにレベルが違います!
参加者の最初の試練は、この暑さ!羽田空港→品川→成田空港、電車の乗り換えため屋外に出ると溶けてしまいそうです!

でも、元気に宿泊先のラディソンホテル成田に到着!海外旅行の気分を高めてくれる雰囲気のホテルに、皆のテンションが上がります。

明日はいよいよ出国し、韓国・仁川経由でオランダ・アムステルダムに向かいます!

JAL564便 女満別→東京/羽田の機内にて。「気分は上々ですよ♪」と参加者の一人


成田空港でユーロやポンドに両替。成田空港内の銀行での両替の書類の記入に悪戦苦闘。でも無事両替できました!

もはや海外にいるかのような雰囲気の「ラディソンホテル成田」
参加者のテンションはMAXに!
あまりはしゃぎ過ぎないようにね!

今年のヨーロッパツアー準備、本格始動!

Posted on June 18, 2018 at 3:31 AM Comments comments (108)
イギリス&オランダ語学研修ツアー、本格始動です‼️
2回目の準備レッスンを終え、気合い十分の(?)参加者。
今回は、常呂のカーリング男子、北見一のバタフライスイマー、日本一寒い町から来ていて、冬はクロスカントリーを楽しむ 「しばれガールズ」(?)と個性的なメンバー。
留学ベテランも、新米さんも一致団結して、様々な課題に取り組みましょう‼️

カーリング初練習‼

Posted on April 17, 2018 at 2:32 AM Comments comments (0)
【カーリング初練習❗️】
「ロコ・ソラーレ(LS北見)」のホームである、「アドヴィックス常呂カーリングホール」で待望のカーリング初練習を開催しました!
常呂在住の生徒さんのご両親のわかりやすい手ほどきを受けて、私TAKA、生徒、保護者様数名で初練習を楽しみました。
カメラを持って行ったのですが、練習に夢中になり撮影している余裕はなく^^;(保護者様が撮影してくださったので、後日アップします!)
当教室の常呂在住の中学生の生徒さんがスキップを務めるカーリングチーム「オプティマス」のメンバーやカーリング経験豊富な常呂中の女の子たちも我々の練習に付き合ってくれました‼️
さすが常呂の子(つなりロコ!)。やることなすことカッコいい!
我々は、まずは氷に慣れろ!とのことで、スライダーと呼ばれる片方がツルツル滑るものをつけて、恐る恐るシートの端から端まで移動する練習をします。
そして投球(投石?)フォームの練習。これ、思った以上に難しい!でも、指導してくださっている生徒さんのお父様の的確なアドバイスで、足を伸ばすフォームができるようになりました。ただ、そのフォームを維持した状態でストーンを投げるのが難しい!バランスを保つのに必死で、ウェイト(速さ)が全然出ない…。オプティマスのメンバーが私のストーンを必死にスイープしてくれて、なんとかホッグラインを超えて有効ストーンに。
このスイープっていうのが、かなりしんどい‼ストーンに追いつくだけで精一杯。️「カーリングはゆるいスポーツ」と思っている人も多いのですが、とんでもない!れっきとしたハードなスポーツです。
最後に1エンドだけ実際の試合をしてみることに。教室の子供たちもだいぶ氷に慣れて、楽しそう。フォームはまだまだぐちゃぐちゃですが、みんなハウスまで届くストーンを投げれるまでになりました。私だけが、ウェイトが足りず“Dead Stone”「死んだストーン」ということになり、ガーン( ̄◇ ̄;)
でもチームメイトのフォローお陰で、チームTAKAは3点を取るビッグエンドとなり、見事勝利
おとといのことだったのですが、私TAKAは今になって全身筋肉痛で歩き方がおかしくなっています(笑)。
参加した生徒さんたちも相当楽しかったらしく、「カーリングにはまってしまいそう」と。
私もすでにハマってしまっています。これからは常呂に足繁く通って練習です
カーリング、絶対やってみるべきです‼️新たな世界を見ることができますよ。
私たちのように初めての方は、指導者をつけてもらうことができるので、アドヴィックス常呂カーリングホールに問い合わせてみてください。















































イギリス語学研修説明会

Posted on March 10, 2018 at 10:01 AM Comments comments (79)
本日、3月10日にサントライ北見にて、教室としては3回目となるイギリス語学研修ツアーの説明会を開催いたしました。
今回は留学相談会も兼ねていたので、社会人の留学に関心をお持ちの方もお越しくださいました。
お越しの皆様、ありがとうございました!
今回も、今回のツアーを一緒に企画するウインテック留学センター 東京本社の山﨑さんにお越しいただいての説明会でした。
私TAKAのほうからは、このツアーの意義、心構え、特に参加する子供たちの意思を親は十分に確認すること、準備は子供主体で進めることを提案させていただきました。
説明会が終わってからも、ワーキングホリデーや中高校の正規留学に関心をある方との個別の相談会が一時間も続きました。留学の関心の高さが年々高まっていることをうれしく感じました。

説明会の様子。ウインテック留学センター 東京本社の山﨑さんが今回のツアーの詳細を説明しています。

 さて余談ですが、説明会ののち、山﨑さんが東京にお帰りになるフライトまで、オホーツクを堪能していただこうと、私が最近はまっている「クリシュナ」にお連れしました。本当は、「レインボーカレー」を食べたかったのですが、40分ほど時間がかかるとのことで、あの毒々しい青い「流氷カレー」をいただくことに。「インスタ映え」する料理に私も山﨑さんも写真をパチパチと。この「流氷カレー」、私は初挑戦だったのですが、見た目とは裏腹に味は絶品!クリオネの形をしたナンとバトラーがなんともおいしい!大満足でした。


そして、流氷カレーをたべたら本当の流氷を見に、そして今話題の平昌オリンピックで銅メダルを獲得した カーリング女子代表のロコ・ソラーレ(LS北見)の練習拠点である、カーリングホールを見に行ってみようとのことで、常呂に向かいました。
3月も中旬に入って微妙な時期でしたが、常呂の常南ビーチには流氷が接岸しており、地元の私も感動!

さて、常呂のカーリングホールに行きカーリングのレーンに目を向けると、なんと!ロコ・ソラーレ(LS北見)のメンバーである本橋麻里選手、吉田夕梨花選手、鈴木夕湖選手が練習をしているではありませんか!そしてそこにはなんと、オリンピック男子代表のSC軽井沢の両角選手も!まさか生オリンピック選手を見られるとは思わず、私も山﨑さんも大興奮!間近に迫ったミックスダブルスの練習をしていたのだと思います。オリンピック選手のフォームはやっぱりうつくしい!体も締まっている!北見の市民プールに行っても、冬場は200~300m泳いだらすぐにジャグジーやサウナに入ってしまう私とは大違いです!一流の選手のプレーを間近に見れて、うっとりしてしまいます。
目の前で練習している、鈴木夕湖 選手と本橋麻里 選手

この常呂のカーリングホールの2階に観覧席があるというので上がってみると、人っ子一人いない観覧席。
これほどカーリングが盛り上がって、しかもLS北見の選手とSC軽井沢の選手がいるというのに、だれもいないということがあるのか?!と思いながら、上からオリンピック選手のプレーを見ていると、なんと、吉田知那美選手と清水徹郎選手が上がってきて、観覧席の空間は我々と吉田選手、清水選手の4人だけに!練習の邪魔をしてはいけないと思いながらも、こんなチャンスはないと思い、思い切って「吉田さん…ですよね」と声をかけると、「はい!」と吉田知那美選手。ミーハーな私は、「東京出張中に準決勝と3位決定戦を見ていて、ホテルで一人で号泣していたんですよ!」と伝えると、「そうだったんですか~!泣かせてしまってスミマセン(笑)」と吉田選手。「うちの教室に常呂のカーリングのチームに入っている子がいて、私もやってみようかなあと思っているんですよ」と伝えると、「ぜひ!お待ちしています!」といつものあのさわやかな笑顔で答えてくださいました。他の選手も、オリンピックで見たあの笑顔で終始練習をしていて、本当に楽しそうで、本気でカーリングを始めようかと思っているTAKAです。
吉田知那美選手と清水選手に一緒に写真を撮ってもいいですか?と尋ねると、快く応じてくださり、本当に感動でした。
お忙しい中、吉田選手、清水選手、ありがとうございました!

              快く写真撮影に応じてくださった吉田選手と清水選手。
       左からウインテック留学センターの山﨑さん、わたくしTAKA,SC軽井沢の清水選手、
       そしてLS北見の吉田知那美選手。


Rss_feed